Apple Payを利用してみよう
2016.11.30

クレジットカードサムネイル今まで数多くのandroidスマートフォンが「おサイフケータイ」の機能を採用させて、よくコンビニでスマートフォンをピッとてらして会計している光景を見ます。実はスマートフォンで使える「おサイフケータイ」の機能は日本で産まれました。そのためandroidに対するiOSスマートフォン、iphoneへの採用は全くなかったです。しかし、今年9月に発売開始を行ったiphone7からは今までのiphoneからは予測できなかったほど機能が増えました。防水、10倍ズーム可能な望遠レンズ搭載、と、ここまでは正直想定内の範囲だったがここからです。ApplePayの採用です。いわゆるおサイフケータイ機能がiphoneでも使えるようになったということです。あらかじめ登録したクレジットカードでの支払いをカードではなくスマートフォンでスマートに行ってしまおうというわけです。日本で産まれた機能の採用は、海外発祥の機種の中では快挙でした。

その使い心地はと言うと、実際は非常に使いやすいし便利ですが、まだ、それら自体に対応しているお店がまだ少ないというところに問題があり、普及を急いでいます。勿論すでにおサイフケータイ機能が使えるお店も多く存在します。例えばコンビニなどであれば殆ど設備があります。続いてさらに驚かされたのはSuicaの機能です。これもまた日本人向けの機能でした。今後簡単なカード類、現金の入った財布とiphoneを持って出かけていくという時代が来るかもしれないのと、もっと経済の周りをよくするために様々なシーンでApplePayを使えるように普及していくという流れで市場は動いています。今回先に本体が発売されおサイフケータイ対応の設備普及が伴いませんでした。

しかし、今後おサイフケータイの設備普及が進めばiphoneの需要はさらに増え、iphoneを持つ日本人、外国人が増えていくことでしょう。そもそもアップルはすでにそのビジョンを7を開発していた段階で見ていたかもしれません。一般的には機能的な便利さが現実的な利点になるかもしれませんが、後々市場が揺れ動く準備が着々と進められているよう捉えられます。また、ApplePayの採用により、それらに参入してきているカード会社も多いです。また、カード会社と提携している会社、携帯キャリアなどもその一つと言えます。時代はいよいよ電子マネーの時代になってきています。よりスマートなお買い物を目指し今後もiphoneは普及して利用されていくことでしょう。

▲ ページトップへ